研究概要

コミュニケーション理解研究室では,人間の言語理解の過程を明らかにしつつ,人と人あるいはコミュニティとをつなぐコミュニケーションの支援や,ソーシャルメディア上に現れる実生活において必要となる情報へのアクセス支援について研究を進めています。

キーワード:「コミュニケーション支援」「言語理解」「ソーシャル情報アクセス

具体的には,以下の2つの研究分野を対象とします。

1. 情報アクセス

雑多な大量の情報の中から,
利用者が必要な情報にアクセスする技術(検索・集約・推薦・抽出)の開発。

2. 自然言語処理

テキストに現れる言語情報を計算機で処理し,人間の言語理解を反映した応用を実現。


研究室からのお知らせ

2016年度 学位授与式(卒業式)
2016年度の卒業式が開催されました。 (2017年03月24日)
2016年度 共同研究の報告会(水戸市)
水戸市役所において,共同研究の報告会が行われました。 (2017年03月22日)
2016年度 情報処理学会 第79回全国大会 学生奨励賞の受賞
石川 将吾 さんが,情報処理学会 第79回全国大会において,学生奨励賞を受賞しました。 (2017年03月18日)
2016年度 共同研究の学会発表(言語処理学会)
言語処理学会 第23回年次大会において,柏野和佳子先生により共同研究について発表が行われました。 (2017年03月16日)
2016年度 日本語学論説資料への掲載
2014年度の論文が,日本語学論説資料第51号第5分冊(コミュニケーション・言語学)に掲載されました (2017年03月10日)