Achievements

Published Books

  1. Yohei Seki: Sentiment Analysis, Yuji Matsumoto and Manabu Okumura (eds) Corpus and Natural Language Processing, Asakura Publishing Co., Ltd., Chapter 8, 2017, pp.134-167.
  2. Yohei Seki: Information Retrieval and Recommendation, Hiroshi Itsumura, Naoki Takubo, and Takashi Harada (eds), For Students in Library and Information Science, Sekaishishosha-Kyogakusha Co., Ltd., Chapter 18, 2017, pp.191-200.
  3. Naoto Takeda and Yohei Seki: Twitter User Classification with Posting Locations. In Atsuyuki Morishima, Andreas Rauber and Chern Li Liew (eds), Digital Libraries: Knowledge, Information, and Data in an Open Access Society, Lecture Notes in Computer Science, Vol. 10075 (2016), pp.297-310. ISBN: 978-3-319-49303-9 (Print) 978-3-319-49304-6 (Online)

Reviewed Journals

  1. Yuki Ando and Yohei Seki: Visualization of Mood of Citizen Concerns for Regional Names Based on Distributed Representations Using Citizen Tweets, Journal of Japan Society for Fuzzy Theory and Intelligent Informatics, Vol.30, No.6 (2018), pp.804-814. (in Japanese)
  2. Naoto Takeda, Yohei Seki, Mimpei Morishita, and Yoichi Inagaki: Topic Detection and Evaluation Useful for Life Event Experience, Information Processing Society of Japan (IPSJ) Transactions on Databases, Vol.11, No.2 (2018), pp.16-29. (in Japanese)
  3. Yuu Sueyoshi and Yohei Seki: VOCALOID Creator Search Using Music Genre and Impression, Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, Vol. 32, No. 1 (2017), pp.WII-K_1-12. (in Japanese)
  4. Takumi Tanaka and Yohei Seki: Searching for Twitter Users as Adviser Candidates for Foreign Sightseers in Japan, Tourism Informatics, Vol. 12, No. 1 (2016), pp.75-84. (in Japanese)
  5. Yohei Seki: Research on Annotation of Sentiment Analysis in Community QA,Journal of Natural Language Processing, Vol. 21 No. 2 (2014), pp.271-299. (in Japanese)
  6. Yuki Doumae and Yohei Seki: Estimation of Twitter User's Life-area Using Area Related Terms Selected by Semi-supervised Topic Model, Information Processing Society of Japan (IPSJ) Transactions on Databases, Vol.7, No.3 (2014), pp.1-13. (in Japanese)
  7. Saki Sakai and Yohei Seki: A Method for Supporting Readers' Communication Using Sensibility Tags, IEICE Transactions on Information and Systems,Vol. J97-D, No. 1 (2014), pp.173-176. (in Japanese)
  8. Yohei Seki: Current Status and Issues on Sentiment Analysis Corpora, Information Processing Society of Japan (IPSJ) Transactions on Databases, Vol.6, No.4 (2013), pp.85-103. (in Japanese)
  9. Yuuka Emura and Yohei Seki: Facemark Recommendation based on Emotion, Communication, and Motion Type Estimation in Microblogs,Journal of Natural Language Processing, Vol. 19 No. 5 (2012), pp.401-418. (in Japanese)
  10. Atsushi Otsuka, Yohei Seki, Noriko Kando, and Tetsuji Satoh: A Study on the Seasonally Context Extraction Method for Query Expansion using Community Question Answering Resources,DBSJ Journal, Vol.11, No.1 (2012), pp.1-6. (in Japanese) (with Prof. Satoh)
  11. Daisuke Ishikawa, Tetsuya Sakai, Yohei Seki, Kazuko Kuriyama, and Noriko Kando: Automatic Prediction of High-Quality Answers in Community QA,Journal of Japan Society of Information and Knowledge,Vol. 21, No. 3 (2011), pp.362-382. (in Japanese)
  12. Atsushi Otsuka, Yohei Seki, Noriko Kando, and Tetsuji Satoh: Diversified-query Generating System Using Community QA Resources to Verbalize Latent Information Needs, Information Processing Society of Japan (IPSJ) Transactions on Databases,Vol. 4, No. 3 (2011), pp.1-11. (in Japanese) (with Prof. Satoh)
  13. Yohei Seki, Noriko Kando, and Masaki Aono: Multilingual Opinion Holder Identification Using Author and Authority Viewpoints, Information Processing & Management, Vol. 45, No. 2 (2009), pp.189-199, (Impact Factor in 2009:1.783).

International Conferences

  1. Takeaki Shionome, Hirotaka Hashimoto, Jianwei Zhang, Yuhki Shiraishi, Daisuke Wakatsuki, Yohei Seki, and Atsuyuki Morishima: Complement of Incomplete Task Results for Real-time Crowdsourcing Interpretation, Proc. of the 21st Int'l Conf. on Asian Language Processing, Singapore, December, 2017. (with Prof. Morishima)
  2. Masaki Oguni, Yohei Seki, Risako Shimada and Yu Hirate: Method for Detecting Near-duplicate Recipe Creators Based on Cooking Instructions and Food Images, Proc. of 9th Workshop on Multimedia for Cooking and Eating Activities (CEA 2017), Melbourne, Australia, August, 2017, pp.49-54.
  3. Naoto Takeda, Yohei Seki, Mimpei Morishita and Yoichi Inagaki: Evolution of Information Needs based on Life Event Experiences with Topic Transition, Proc. of the 40th Ann. Int'l. ACM SIGIR Conf. on Research and Development on Information Retrieval (SIGIR 2017), Tokyo, Japan, August, 2017, pp.1009-1012.
  4. Naoto Takeda and Yohei Seki: Twitter User Classification with Posting Locations, Proc. of the 18th International Conference on Asia-Pacific Digital Libraries (ICADL 2016), Tsukuba, Japan, December, 2016. (also listed as published books)
  5. Yohei Seki: Use of Twitter for Analysis of Public Sentiment for Improvement of Local Government Service. Proc. of the 2nd IEEE Int'l Conf. on Smart Computing (SMARTCOMP 2016) , St. Louis, MO, USA, May, 2016, pp.325-327.
  6. Yohei Seki and Kouta Ono: Discriminating Practical Recipes Based on Content Characteristics in Popular Social Recipes. [full paper] Proc. of the 2014 ACM International Joint Conference on Pervasive and Ubiquitous Computing (UbiComp 2014) Adjunct, Seattle, WA, USA, September, 2014, pp.487-496. (Best Paper Award)
  7. Yohei Seki and Kiyoto Miyajima: Finding Impressive Social Content Creators. [short paper] Proc. of the 36th Ann. Int'l. ACM SIGIR Conf. on Research and Development on Information Retrieval (SIGIR 2013), Dublin, Ireland, July 2013, pp.1041-1044.
  8. Atsushi Otsuka, Yohei Seki, Noriko Kando, and Tetsuji Satoh: QAque: Faceted Query Expansion Techniques for Exploratory Search using Community QA Resources, In Proceedings of Workshop on Community Question Answering on the Web (CQA2012), in conjunction with the 21st International World Wide Web Conference (WWW), 2012. (with Prof. Satoh)
  9. Masaharu Yoshioka, Noriko Kando, and Yohei Seki: Evaluation of Interactive Information Access System using Concept Map. In Proceedings of the 4th International Workshop on Evaluating Information Access (EVIA), 2011.
  10. Tetsuya Sakai, Daisuke Ishikawa, Noriko Kando, Yohei Seki, Kazuko Kuriyama, and Chin-Yew Lin: Using Graded-Relevance Metrics for Evaluating Community QA Answer Selection, In Proceedings of The Fourth ACM Conference on Web Search and Data Mining (WSDM 2011), pp.187-196.

Non-refreed International Conferences

  1. Toshiki Tomihira and Yohei Seki: CUTKB at NTCIR-14 QALab-PoliInfo Task , Proc. of the 14th NTCIR Conference, NII, Japan, June 2019, pp.220-229.
  2. Kiyoto Miyajima and Yohei Seki: Illustrator Search System based on User's Impression Categories, Information Science Workshop 2012, University of Tsukuba, Japan, December, 2012.
  3. Yohei Seki, Lun-Wei Ku, Le Sun, Hsin-Hsi Chen, and Noriko Kando: Overview of Multilingual Opinion Analysis Task at NTCIR-8 - A Step Toward Cross-Lingual Opinion Analysis, Proc. of the Eighth NTCIR Workshop, NII, Japan, June 2010, pp.209-220.

Invited Talks

  1. Yohei Seki: Artificial Intelligence, Natural Language Processing, and Law, Daini Tokyo Bar Association IT workshop, January 2018.
  2. Yohei Seki: Knowledge Acquisition from Social Media: Social Mining, Goethe-Institut Tokyo, February 2017.
  3. Yohei Seki: Information Publishing Technology for City Promotion, Japan Seminar on Technology for Sustainability (JSTS 2016), Tsukuba, Japan, July 2016.
  4. Yohei Seki: Facilitating Social Communication Using Collaborative Annotation Data, IJCNLP 2013 Workshop on Natural Language Processing for Social Media (SocialNLP 2013), Nagoya, Japan, October 2013 (Keynote Speech).
  5. Yohei Seki: Information Access and IFAT, the First Meeting at JSAI SIG on Interactive Information Access and Visual Mining (Domestic), 2012.

Awards (from Academic Societies)

  1. 14th SIG-WI2 Student Incentive Award & Student Excellent Poster Presentation Award
  2. The 6th Stage Presentation Selected at SIG-WI2
  3. Student Incentive Paper Award of the 79th IPSJ National Convention, 2017
  4. DEIM 2017 Student Presentation Awards
  5. Student Incentive Paper Award of the 78th IPSJ National Convention, 2016
  6. DEIM 2016 Interaction Presentation Awards
  7. DEIM 2016 Student Presentation Awards
  8. The 4th Stage Presentation Selected at SIG-WI2
  9. IPSJ SIG-IFAT Young Researcher Excellent Award in 2014
  10. Best Paper Award: Workshop on Smart Technology for Cooking and Eating Activities (CEA 2014)
  11. IPSJ 157th SIG-DBS Students Incentive Award
  12. 2012 IPSJ Yamashita SIG Research Awards

Awards (from University of Tsukuba)

  1. Meikeikai Award in 2018
  2. Provost Awards at Graduate School of Library, Information and Media Studies in 2014, 2016, and 2018.
  3. Provost Awards at School of Informatics in 2013, 2014, 2015, 2016, and 2018

Domestic Conferences

  1. Kangkang Zhao, Masaki Oguni, Yohei Seki, and Kazunari Sugiyama: A Method for Classifying Temporal Relations Using Attention-based Neural Networks, The 15th Text Analytics Synposium, September, 2019.
  2. 小邦 将輝,関 洋平,平手 勇宇:重複レシピの検出における単語の分散表現と文字N-gramの分散表現の比較,ARG Web インテリジェンスとインタラクション研究会 第14回研究会,2019年6月(学生奨励賞,学生優秀ポスター発表賞受賞).
  3. 関 洋平:ICT に基づくスマートシティの標準化-ISO/IEC JTC 1/WG 11 の標準化活動から-,第47回 画像電子学会年次大会 企画セッション「先進 IoT スマートアグリカルチャとスマートハウス/スマートシティ標準化と多様性」 (AIM 研究会),2019年6月.
  4. 柏野 和佳子,平本 智弥,関 洋平:市民意見収集のためのツイート表現の分析,電子情報通信学会 思考と言語研究会,2019年3月.
  5. 島田 理紗子,小邦 将輝,平手 勇宇,関 洋平:重複する料理レシピを判別するためのコーパスの構築,Web インテリジェンスとインタラクション研究会 第6回ステージ発表(採択率 21.7%),2018年12月.
  6. 小邦 将輝,Lasguido NIO, 平手 勇宇,関 洋平: 調理手順テキストと料理画像の特徴量の最近傍探索に基づく重複レシピの検出手法,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,2018年11月.
  7. 安藤 有生,関 洋平:市民のツイートを利用した分散表現に基づく都市別特徴の可視化,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),B5-5,2018年3月.
  8. 小邦 将輝,島田 理紗子,平手 勇宇,杉山 一成,関 洋平:レシピの素性を用いた重複レシピ判別の検証,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),J2-2,2018年3月.
  9. 南澤 亜樹,関 洋平:市民のツイートを行政課題ごとに分類するための関連語の抽出,第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018),J6-2,2018年3月.
  10. 柏野 和佳子,平本 智弥,関 洋平:市民意見の収集システムで得られたツイートからの道路・交通に関する意見抽出,人工知能学会第57回ことば工学研究会,2018年2月.
  11. 島田 理紗子,小邦 将輝,平手 勇宇,関 洋平:重複する料理レシピを判別するためのコーパスの構築,ARG Web インテリジェンスとインタラクション研究会 第11回研究会 WI2-2017-25,2017年12月.
  12. 武田 直人,西村 拓哉,戸田 浩之,関 洋平:観光客の散策行動を考慮したエリア単位の行動分析,2017年度 人工知能学会 全国大会,1L1-2in2,2017年5月.
  13. 石川 将吾,武田 直人,関 洋平:マイクロブログにおける投稿パターンを考慮したコミュニケーションスキルの分析,情報処理学会 第79回全国大会,6K-02,2017年3月(学生奨励賞受賞).
  14. 橋本 大空,白石 優旗,張 建偉,若月 大輔,関 洋平,森嶋 厚行:通訳クラウドソーシングにおける不完全なタスク結果の統合手法,情報処理学会 第79回全国大会,2K-04,2017年3月(学生奨励賞受賞).
  15. 柏野和佳子,立花 幸子,平本 智弥,関 洋平:市民意見の収集システムで得られたツイートからの「保育園」「教育」に関する意見抽出,言語処理学会第23回年次大会,pp.533-536,2017年3月.
  16. 武田 直人,関 洋平,森下 民平,稲垣 陽一:ライフイベントに依存したトピック推移の分析手法,第9回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2017),C5-3,2017年3月(学生プレゼンテーション賞受賞).
  17. 関洋平,高久雅生:ウィキペディアタウン筑波山:自治体との協働による情報発信,ウィキペディアタウンサミット 2017 京都,2017.
  18. 関洋平:自治体における市民意見を利用した新たな気づき,スマートシティ「都留市モデル」シンポジウム(建築と画像電子の共通領域(AIM)研究会 第2回研究懇談会),2017.
  19. 田中 匠,武田 直人,関 洋平:外国人観光客の相談相手となる Twitter ユーザの地域別検索,Web インテリジェンスとインタラクション研究会 第4回ステージ発表(採択率 23.8%),2016年12月.
  20. 関 洋平:ソーシャルメディア上の市民意見を利用した市民共創知の可視化,人工知能学会 第1回 市民と共創知研究会,2016年11月.
  21. 関洋平:市民意見を利用した行政サービス向上のための標準化の試み,画像電子学会第44回年次大会 建築と画像電子の共通領域(AIM)研究会 「建築と画像電子の共通領域を探る」, 2016.
  22. 武田 直人,佐藤 朋美,関 洋平:性別推定を利用した親しみやすいツイートへの言い換え,2016年度 人工知能学会 全国大会,3H3-OS-17a-3, 2016年6月.
  23. 関 洋平,猪 圭:Twitter における市民意見を活用した行政サービスの把握の試み,2016年度 人工知能学会 全国大会,4I4-3, 2016年6月.
  24. 佐藤朋美,関洋平:宣伝効果を促進するための親しみやすいツイートへの言い換え,情報処理学会 第78回全国大会,3R-05,2016年3月(学生奨励賞受賞).
  25. 久保遥,関洋平:投稿型レシピサイトを横断した重複レシピの判別,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),C8-3,2016年3月(優秀インタラクティブ賞受賞).
  26. 長島里奈,関洋平,猪圭:地域ユーザに着目した口コミツイート収集手法の提案,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),B4-3,2016年3月(学生プレゼンテーション賞受賞).
  27. 武田直人,関洋平:Twitterの投稿場所を考慮したユーザ属性推定,第8回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2016),A6-1,2016年3月.
  28. 武田直人,関洋平:Twitter ユーザの投稿場所を考慮した職業属性の推定,ARG 第7回 Web インテリジェンスとインタラクション研究会, pp.27-28, 2015年11月.
  29. 田中匠,関洋平:外国人観光客に向けた Twitter ユーザの地域別推薦の評価,ARG 第7回 Web インテリジェンスとインタラクション研究会, pp.67-72, 2015年11月.
  30. 長島里奈,関洋平,猪圭:地域ユーザに着目した口コミツイートの拡張,ARG 第7回 Web インテリジェンスとインタラクション研究会, pp.75-76, 2015年11月.
  31. 関洋平,猪圭:自治体における活用を目的とした地域イベントの分析,観光情報学会 第11回研究発表会,pp.9-12,2015年8月.
  32. 田中匠,関洋平:外国人観光客に向けた英語を使用するTwitterユーザの推薦,観光情報学会 第11回研究発表会,pp.21-24,2015年8月.
  33. 下吉 珠奈,関洋平:Twitterユーザに向けたコミュニケーション支援のための言い換え表現の抽出,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),2015年3月.
  34. 末吉 優,関洋平:VOCALOID音楽のジャンルと印象を用いた楽曲クリエータの検索,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),2015年3月.
  35. 鈴木 愛加,関洋平:パブリックコメント投稿者を支援するための行政関係文書の分割,第7回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2015),2015年3月.
  36. 小野滉太,関洋平:機械学習を用いた実用的レシピの判別手法の提案,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),2014年3月.
  37. 風間千明,関洋平:Twitter特有のコミュニケーション表現の抽出,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),2014年3月.
  38. 佐々木優衣,関洋平:商品レビューを対象とした有用性の定義と判別,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),2014年3月.
  39. 佐藤沙紀,関洋平:引用意見とその発言者を利用した意見情報の提示,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),2014年3月.
  40. 田中匠,関洋平:マイクロブログユーザのクラスタに着目したイベント手がかり語の抽出,第6回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2014),2014年3月.
  41. 堂前友貴,関洋平:地域に偏りのあるトピックを用いたTwitterユーザの生活に関わる地域推定,情報処理学会第157回データベースシステム研究会・第111回情報基礎とアクセス技術研究会・電子情報通信学会データ工学研究会 合同研究発表会,2013年7月.(情報処理学会IFATヤングリサーチャー優秀賞,情報処理学会第157回データベースシステム研究会 学生奨励賞受賞
  42. 大山鉄郎,関洋平:統計的機械翻訳におけるWordNetを用いたフレーズ意味曖昧性解消手法の提案,情報処理学会第212回自然言語処理研究会,2013年7月.
  43. 宮嶋清人,関洋平:閲覧者による印象のフィードバックを用いたイラスト投稿者の検索,情報処理学会第89回デジタルドキュメント研究会・第110回情報基礎とアクセス技術合同研究会合同研究発表会,2013年3月.
  44. 酒井紗希,関洋平:ソーシャル付箋 ~ 感性を用いた読者間コミュニケーション支援 ~,電子情報通信学会 ヒューマンコミュニケーション基礎研究会,2013年3月.
  45. 大塚 淳史, 関 洋平, 佐藤 哲司:話題の周期性に着目した情報要求言語化のためのクエリ拡張手法の提案,DEIM2013,2013年3月,C9-1.(佐藤研との共同研究)
  46. 宮嶋清人,関洋平:閲覧者による印象カテゴリを用いたイラスト投稿者の検索手法の提案,第1回 ARG 「Webインテリジェンスとインタラクション」研究会, pp.53-54.
  47. 大山鉄郎,稲垣陽一,関洋平:発話と発語内行為命名動詞を用いた言語行為コーパスの自動構築と分析,情報アクセスシンポジウム 2012,国立情報学研究所, pp.15-22.(査読付)
  48. 大塚淳史, 関洋平, 佐藤哲司:時系列トピックモデルを用いたコミュニティQAからの話題変動の抽出.WebDB Forum 2012,2012年11月,A3-3.(査読付)(佐藤研との共同研究)
  49. 関洋平:意見分析コーパスに関する現状調査,情報処理学会第108回情報基礎とアクセス技術研究会・第43回ディジタル図書館ワークショップ合同研究発表会,筑波大学東京キャンパス.
  50. 江村優花,関洋平:テキストに現れる感情,コミュニケーション,動作タイプの推定に基づく顔文字の推薦,情報処理学会第85回デジタルドキュメント研究会・第106回情報基礎とアクセス技術合同研究会合同研究発表会,2012年3月(2012年度山下記念研究賞受賞).
  51. 堂前友貴, 関洋平, 神門典子:Webから収集した学習データを用いた人物と実体間の関係の推定,言語処理学会第18回年次大会,2012年3月,pp.1027-1030.
  52. 大山鉄郎, 関洋平:対訳表現を手がかりとした用例の選択手法の提案,言語処理学会第18回年次大会,2012年3月,pp.479-482.
  53. 高村慎太郎, 吉岡真治, 関洋平:複数ドメインの意見分析コーパスを用いたアンサンブル学習による意見分析システムの提案,言語処理学会第18回年次大会,2012年3月,pp.235-238.
  54. 枝 隼也, 島田 諭, 関 洋平, 神門 典子, 佐藤 哲司:複数人でのWeb協調探索のための探索履歴可視化手法の提案,DEIM 2012, 2012年3月. (佐藤研との共同研究)
  55. 大塚 淳史, 関 洋平, 神門 典子, 佐藤 哲司:コンテキスト切替による多様な情報要求に対するWeb検索手法の提案,DEIM 2012,2012年3月. (佐藤研との共同研究,2012年度優秀インタラクティブ賞受賞)
  56. 小池 大地, 横本 大輔, 牧田 健作, 鈴木 浩子, 宇津呂 武仁, 河田 容英, 吉岡真治, 神門典子, 福原 知宏, 中川 裕志, 清田 陽司, 関 洋平:ニュース・ブログにおける話題の相関と変遷の分析--- 震災に関する話題を例題として ---,DEIM2012, 2012年3月.
  57. 吉岡真治, 神門典子, 関洋平:複数国の新聞サイトを比較分析するNSContrastの実験的分析,情報処理学会第152回データベースシステム研究会・第103回情報基礎とアクセス技術研究会合同研究発表会, 2011年8月.
  58. 関洋平:BCCWJを利用した意見分析コーパスの構築について,「現代日本語書き言葉均衡コーパス」完成記念講演会予稿集,2011年8月, pp.125-130.
  59. 渡邊 直人,島田 諭,関 洋平,神門 典子,佐藤 哲司:コミュニティQAにおける質問の多面的評価法の検討,情報知識学会誌 Vol. 21, No. 2,2011年5月, pp.163-168. (佐藤研との共同研究)
  60. 石川 大介,酒井 哲也,関 洋平,栗山 和子,神門 典子:複数判定者によるコミュニティQAの良質回答の判定,情報知識学会誌 Vol. 21, No. 2,2011年5月, pp.169-177.
  61. 関洋平,神門典子,佐野大樹,柏野和佳子,稲垣陽一,栗山和子:研究活動・成果の総括:意見情報班 多様な文書ジャンルを対象とした意見分析コーパスの作成に関する研究,科学研究費補助金 特定領域研究「日本語コーパス」平成22年度公開WS予稿集, 2011年3月.
  62. 新谷歩生, 関洋平, 佐藤哲司:投稿間隔に基づくマイクロブログからの話題チャンク抽出に関する一検討,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011) ,2011年3月,A1-2. (佐藤研との共同研究)
  63. 康大樹, 島田諭, 関洋平, 佐藤哲司:属性伝搬モデルを用いたマイクロブログのフォロー先推薦法,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011) ,2011年3月,A1-3. (佐藤研との共同研究)
  64. 渡邊直人, 島田諭, 関洋平, 神門典子, 佐藤哲司:QAコミュニティにおける質問者の期待に基づく質問分類に関する一検討,第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011) ,2011年3月,B5-1. (佐藤研との共同研究)
  65. 大塚淳史, 関洋平, 神門典子, 佐藤哲司:情報要求の言語化を支援するクエリ拡張型Web検索システム, 第3回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム (DEIM 2011) ,2011年3月,F6-3. (佐藤研との共同研究)
  66. 関洋平:言語を横断したアプレイザル辞書の構築と多言語意見分析タスクにおける評価. 情報アクセスシンポジウム2010,2010年9月. (査読付)
  67. 酒井哲也石川大介栗山和子,関 洋平,神門典子コミュニティQAにおける良質な回答の選定タスク: 評価方法に関する考察,第9回情報科学技術フォーラム(FIT 2010),2010年9月,RD-003. (査読付)
  68. 関洋平,神門典子,佐野大樹,柏野和佳子,稲垣陽一,栗山和子:平成22年度研究進捗状況報告:意見情報班 多様な文書ジャンルを対象とした意見分析コーパスの作成に関する研究,科学研究費補助金 特定領域研究 日本語コーパス領域平成22年度全体会議, 2010年8月.

[More Achievements]